お知らせ・ブログ

取り組み
2018年3月8日

宇部日報様で電子新聞勉強会を開催

はじめまして。リポーターTです。
ハイパーローカルメディアプロジェクトの活動をお伝えいたします!

この日は宇部日報社、脇社長のご理解とご協力のもと、全社員皆様にお集まりいただいて本プロジェクトの勉強会が開催されました。
その内容は「みんなで宇部日報社の強みを語って、みんなで未来の宇部日報の姿を議論する会」。
 

熊谷さんのこれまでの新ビジネス立ち上げの経験から、
この全社員での勉強会(全社員で議論する会)はどうしても実現したかったこと。
担当役員、担当部署のメンバーだけでは足りないんです。

脇社長はその意義を直ぐに理解してくださり、最高の場を用意してくださったそう。
このプロジェクトへの想いと覚悟が伝わります。

地域密着型新聞の電子版は既存の紙の新聞を否定するものではありません。
電子版と聞いて社員それぞれに思いがあるのは当然です。
~これまでにできなかったことに挑戦できる!もっと地域にとって身近な存在になれる!
~いやいやそもそもなぜうちの新聞社が電子版をやるの?紙のままではダメなの?
全社員、全部署で議論して、自分たちの解を導いて想いをのせていく。とても大事なプロセスだと思っています。
地域での役割、存在価値をあらためて考え、地域密着型新聞の可能性をさらに広げていきます。

あらたなチャレンジの土壌が整えられた勉強会になりました。