お知らせ・ブログ

その他
2014年5月6日

思い出の軍手~地方新聞社の皆様に教わったこと

東海新報様の女性社員の方が作って送ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新聞のビジネスだけに頼っていられないと、社員でアイデアを出して商品化を検討し試行錯誤。

庭にある桜の木から染めたサクラ色の軍手の試作品でした。

桜の模様

ふんわりした色合い

東海新報さんの社風のような、

優しい自然を感じる素敵な軍手です。

 

手書きのお手紙は社員の方のお気遣いと優しさに溢れ、

思い出がよみがえります。

 

大船渡に行くと、新しいことにトライするパワーや、

都会にいると忘れてしまう優しさがたまらなく嬉しくなります。

 

東北の大震災とその復興支援ではじまったお付き合いが

このような繋がりになるのは幸せなことだと思います。

 

いまでも使えずに大切にしています。

 

仕事で忙しすぎて、感情が薄らいでしまった時や、

震災のことを忘れがちな時にこの軍手を見て、

生きていることが幸せであることを思い出します。

東海新報の皆様や東北の皆様には、大切なことを教わり感謝しています。

 

人の温かみ、、、東京にはない地方の良いところだと知りました。